父の日のプレゼント其のニ~ユニークな逸品

akapan

私の両親は

「さる年にさる年の女性から赤い下着を贈られると、
もらった人は下の世話をしてもらわず、長生きできる」
という言い伝えを信じています。

私はさる年。

12年前にも24年前にも催促され下着を贈りましたが、
今年も催促されました。

下着と言っても「パンツが欲しい」とアイテムは指名です。

「赤いパンツなんてどこで買ったけ?」

12年前とは住んでいた場所も違うし記憶もありません。

普通の店舗では赤い下着なんてなかなかお目にかかれませんし、
買うのも少し抵抗があります。

そうだ、ネットだ!

まず楽天を見ました。

なんだ、たくさんあるではありませんか!

早速目星をつけ、レビューを読んで購入しました。

母の日に赤いショーツ、
父の日に赤いトランクスを贈りました。

母から
「お父さんとってもうれしそうにずーっとニコニコしてるよ」
と連絡がありました。

そして数時間後には、
赤いトランクスをはき、
上半身裸の父の写真がLINEで送られてきました。

1歳の孫と一緒に楽しめる!「文明堂の父の日カステラ」

これまで父の日には、高価なものを色々と贈ってきました。

時計や財布、バッグ…

いまでも大切に使ってくれている父に、
さて今年は何を贈ろう?

そう考えた時、コンセプトとして浮かんだのが
「孫と一緒に食べられるもの」でした。

父の日はたまたま帰省中ということもあり、
「父の日おめでとう」というメッセージ入りの文明堂のカステラに決定。

正直こんな安いもので良いかな?
なんて思いつつの選択でした。

息子(孫)に持たせて
「孫からみたらじいちゃんだけど父の日おめでとう」と言うと、
それだけでもうデレデレ。

さっそく皆で頂くことにしました。

1歳半の息子は初のカステラでしたが、
よほどおいしかったようでニコニコです。

「孫ちゃんと食べるとおいしいね〜」といつも以上に喜んでくれました。

その後、父がカステラを食べるたび、
息子が「僕にもちょうだい」と催促する仕草をし、
その度に皆で大笑い。

プレゼントに値段はあまり関係しないんだなと思わせてくれた、
とっておきの父の日プレゼントでした。

球団名の分からない帽子を被ることを卒業させたテイジン帽子の力

父親は畑仕事が大好きで、
雨が降っているとき以外は毎日通っています。

また運動も欠かさずに行い、
とりわけ散歩を好んでいます。

何でも父親が言うには道端に咲く花を見るのが好きだとか。

そんな父親にピッタリのものはないかと、
アマゾンを眺めていたらありました。

それは帽子です。

「テイジンベルオアシス使用」帽子。

被るだけで頭がひんやりするという商品です。

もともと父親はどこの球団か分からないような帽子
(本人も知らないという回答)
を好んで被っていたのでこれが良いと思いました。

プレゼントしたら気に入ってくれて、
畑仕事に行くときも散歩にいくときもいつも被っています。

プレゼント冥利に尽きます。

また他にも良い点があって、
頭を冷やすという面からは熱中症対策に効果がありますし、
頭を守るという点からは何かあっても(風が吹いて肥料が目に入るとか)
顔を守ってくれているので安心です。

一番はどこの球団だか分からないような帽子を卒業してくれたことが家族としては喜びです。